リボ払いについて

私は、クレジットカードでの支払いに関して、月々の支払額が一定になるリボ払いを利用しています。一括払いでもあとからリボ払いになるもので、月々の支払いが変わらないので便利ですが、これは結構金利が高いです。大体1割を超えているので、年間で考えるとかなりの金額を余分に払っていることになります。支払額も低く設定しているので、なかなか借り入れが減りません。クレジットは借金なので、こういうことには気を付けなくてはなりません。仮に限度額いっぱいに使ってしまうと、あとは返すだけになってしまいます。クレジットを限界まで使うと、借り入れができないばかりか、返済に追われることになります。クレジットの使い過ぎは、金利の面だけでなく、元金の返済にもかかわってくるので気を付けましょう。

クレジットカードで買ったクリスマスプレゼント

私は妻と小学5年生の娘、それから小学3年生の娘とともに暮らしています。二人の子供たちはいまだにサンタクロースの存在を信じているため、昨年暮れのクリスマスの際も、私はサンタクロースになりきって、二人にプレゼントを用意しました。私も妻も共働きで、特に私は日頃、会社から自宅へ帰る時間が遅いので、プレゼントを買いに行く時間がありません。そんなこともあって、ここ数年はネットでプレゼントを選ぶようになりました。近所に住む子供たちの友達は、毎年サンタクロースから一人で複数のプレゼントをもらえるとのことで、娘も息子も希望するプレゼントを何点もリクエストし、私に教えてくれました。甘やかすわけではありませんが、今の思い出を大事にしたいので、我が家も一人につき2つのプレゼントを買ってしまいました。額もかさんでしまいましたが、分割のきくクレジットカード払いができるショッピングサイトだったので、支払いがとても助かりました。

楽天クレジットカードについて

よく言われますが、楽天のクレジットカードはポイントが貯まりやすく審査も通り安いカードのようです。私が申し込んだときはポイント8000円分プレゼントに惹かれて申し込みました。ちょうど買い物をする予定があったので、ショッピングサイト(楽天市場)を見ていて「楽天カードを申し込めば実質無料」との甘い誘い文句にまんまと乗せられてしまいました。とはいえ、新規入会特典の2000ポイントはカード到着後、「楽天e-NAVI」に登録し、受取り申請した5営業日以内に進呈、カード利用特典の6000ポイントに関してはさらに初回利用の翌月20日に進呈とだいぶ時間差があるので、実質無料に乗せられてもそれまで買わずに待っていられる人がどれだけいるのだろうかと思います。

ポイントも貯められる家族カード

クレジットカードは、家族カードというものもあるのでとても便利になってきます。家族がクレジットカードを持っていると、審査を受けることなくカードを持てるようになってきます。世の中には、まだ働くことができない大学生や専業主婦もいますが、家族カードを利用すればクレジットカードを持てるようになるのです。支払いを簡単にしたいときに有効に利用することができるでしょう。この特典をうまく利用すれば、ポイントを効率的に貯めていくことも可能になってきます。複数の人数がカードを利用すれば、貯まるポイントも多くなってくるので、その分商品やサービスに交換できるようになるのです。家族がいる人は、家族カードに申し込んでみるとよいでしょう。

ファミマTカードがお勧めです。

クレジットカードで一番重宝しているのがファミマTカードです。デザインもクレジットカードでは珍しいグリーンを使用しておりとても気に入っています。ツタヤでのDVDやコミックのレンタルはもちろんファミマを始めとする加盟店で非常にお得に使えるカードてす。年会費も無料なのも嬉しいですね。特典はファミマでの商品がTカード限定で割引になるため必ず財布に入れています。一般の店舗の場合には0.5%というポイント率ですがファミマであれば通常で1%付き、火曜日と土曜日には2.5%という高いポイントが付与されるためすぐにポイントが貯まるのです。その他にも薬局のウェルシアやガスト、ツタヤなどでも高い率のポイントが付くため手放せない一枚になっています。

自分に合うクレジットカードの見つけ方

いま、平均して一人につき三枚前後クレジットカードを持っていると言われています。どこに行っても商品やサービスと提携されたカードが発行してあり、どのようなクレジットカードを持つべきか判断に迷うかと思います。現金払いとクレジットカード払いの大きな違いは、大きくわけて二つあります。まずひとつ目にポイントが付与されるかどうかです。同じ金額の支払いをした場合も、クレジットカード決済分は金額に応じたポイントが付与されます。貯めたポイントを好きな商品や金券に交換へ交換が可能です。ふたつ目に、利用状況の管理能力が求められるかどうかです。クレジットカード決済の場合、支払い回数を選ぶことができます。また限度額の範囲で決済できてしまいます。初めてカードを作る前に、いま自分がどこで一番お金を使っているのか考えてみましょう。カードを持つことでお金の使い方を変えるのではなく、多くお金を使っている部分で一番ポイントがたまりやすく、自身で管理のしやすいカードこそが、あなたが持つべきクレジットカードです。