自分に合うクレジットカードの見つけ方

いま、平均して一人につき三枚前後クレジットカードを持っていると言われています。どこに行っても商品やサービスと提携されたカードが発行してあり、どのようなクレジットカードを持つべきか判断に迷うかと思います。現金払いとクレジットカード払いの大きな違いは、大きくわけて二つあります。まずひとつ目にポイントが付与されるかどうかです。同じ金額の支払いをした場合も、クレジットカード決済分は金額に応じたポイントが付与されます。貯めたポイントを好きな商品や金券に交換へ交換が可能です。ふたつ目に、利用状況の管理能力が求められるかどうかです。クレジットカード決済の場合、支払い回数を選ぶことができます。また限度額の範囲で決済できてしまいます。初めてカードを作る前に、いま自分がどこで一番お金を使っているのか考えてみましょう。カードを持つことでお金の使い方を変えるのではなく、多くお金を使っている部分で一番ポイントがたまりやすく、自身で管理のしやすいカードこそが、あなたが持つべきクレジットカードです。