年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカード使用しています

最初はよくわからずクレジットカードを作って支払っていました。小銭で払うのが面倒ですし、とても支払いがスムーズになって楽になったなと思ったんです。そのうち、クレジットカードを適当に作るのではなくて、少しでもメリットのあるクレジットカードを作ろうと考えるようになったんですよね。今は年会費とポイント還元率などを気にして、クレジットカードを作るようになりました。基本的に支払いはすべてクレジットカードなので、ポイントが貯まるんですよね。だから年会費が無料であること、ポイント還元率が高いカードを持つようにしています。どんどんポイントが貯まると、すごく気持ちがワクワクしますしお得だなと思いますね。いつもブランドの財布を買っても、小銭のせいで財布がパンパンになって形が崩れてしまっていたのですが、今は現金はほとんど持たないので、財布がキレイなままで安心です。フラッと立ち寄ったお店で素敵な靴やバッグがあったら、クレジットカードでサッと買い物ができてストレスがたまりません。以前現金しかなくてその場で現金が足りず買えなかったことがあるのですが、今はそういうことがなくなりました。ちょっとお金を使いすぎてしまう月もありますが、支払いはしっかりとできているので問題ないと思います。

dカードでお得にショッピング!

dカードはドコモが発行するクレジットカードで、ショッピング100円ごとに1ポイント、ドコモ携帯ユーザーなら使用料1000円ごとに10ポイントが付与されるお得なサービスです。ドコモユーザー以外も利用可能で、ローソンや高島屋、スターバックスなどの店舗でもポイント還元サービスが実施されるなど、使い勝手の良いカードです。特にローソンでは最大5%と高還元率を誇り、日常的にローソンを使用するような人には恩恵が大きいです。さらに、ローソンではロッピーお試し引換券という新製品の割引サービス的なものが存在して、この際には通常1ポイント=1円のdポイントが2~3倍になったりもするのでかなりお得に買い物ができてしまいます。

ジャックスカードについて

ジャックスカードには独自のラブリィポイントというものがあり、使い勝手が良く・貯まりやすいのが特徴です。通常は200円につき1ポイントですが、前年のカードショッピングによりポイントがアップする設定となっております。例としては年額20万円のカードショッピングで40%、年額300万円で100%といった内容です。またジャックスカードには多くの企業と提携しており、様々なクレジットカードを発行している事で高還元率なものもあるのが大きな特徴です。ジャックスカードには会員専用のショッピングモールがあり、そこを経由して商品を購入すると最大で12%の高還元を受けることも可能です。ジャックスカードのデメリットとしては次年次以降に年会費が有料になることが多く、無料になるハードルが高めという点です。

楽天カードは年会費無料!ポイント特典が凄い!!

楽天カードえお入会した理由は、年会費が無料にも関わらず、海外に渡航した際に使える海外保険が付帯しているためで、無料なのに結構手厚い保障でとても重宝できるメリットがあるからです。私の場合、楽天市場で買い物する機会が増えていて、ポイントがさらにお得に貯まるのでとても良いです。また、楽天カードで買い物をするとポイントが何倍かに増えるのでいつの間にかたくさん貯まっていることもあります。楽天ポイントと提携している実店舗も増えていますので、ミスタードーナツやマクドナルドではいつもポイントだけでお会計を済ませています。メインで使うクレジットカードは楽天カードにしているので、毎月自然にポイントが貯まりますし、また、期間限定ポイントも不定期に付与されるのでとてもありがたいです。デメリットとしては、海外保険を適用するためには、楽天カードで航空券や交通機関の支払いをする必要があることくらいなので楽天カードには凄く満足しています。

付帯サービスで節約する

クレジットカードの付帯サービスを利用して節約をするようにしています。私は海外旅行に良く行くのですが、以前はそのつど海外旅行の保険に加入していました。日数や渡航先によりますが、一回で四千円から五千円は支払っていました。母からゴールドカードにすると、海外旅行の保険が付帯サービスで付いていることを知り、ゴールドカードに変更しました。ゴールドカードなので年会費は高くなりましたが、それでも毎回海外旅行の保険代を支払うより安くすみます。年に何回か海外へ行く人には年会費を支払った方が安くなります。また、私のクレジットカードには無料でケガなどをしたときの入院費などが出る保険も付いています。保険を色々加入するより、保険が付いているクレジットカードにすることで節約できました。

その場の特典ばかり気にする事で増える一方のクレジットカード

クレジットカードって、どのような形で作られる事が多いでしょうか。私の場合、3枚のクレジットカードを持っていますが、実際、本当に必要だと感じて作ったクレジットカードは、イオンのクレジットカード飲みです。日頃からイオンで買い物を行う事が多いという事で、持っていた方が得だと自分で考え、作成しました。しかし、残りの2枚は、その場でもらえるポイントや特典だけに興味を奪われ作ったクレジットカードと言う事で、その時のみ使用し、あとは、タンスの中に眠っているような状態です。一つ目は、新規加入の際に数千円分のポイントを付けてくれると知り、その誘惑に負け契約。もう一枚は、大型ショッピングモールで、今、作成すると商品券がもらえると言う事で作成しました。その時は、お得に感じたものの、実際、こんなに安易な理由でクレジットカードを作成しても良いものなのか?少し迷っています。

税金もクレジットカードで払えるように

自治体にもよりますが、今クレジットカードで税金を払えるところが増えてきています。今まで現金でしか支払いができなかったので、固定資産税など大きなお金を引き出してコンビニで支払いをしていたのが、クレジットカードを利用できるようになったことで、支払いが楽に、そしてポイントがザクッとたまるようになりました。年間で支払う税金は、固定資産税だけではありません。自動車税や市民税などありますが、これらをクレジットカードで支払うとポイント還元があるので実質税金額が安くなっているということになります。以前もコンビニのポイントカードへのクレジットチャージなどをしてクレジットカードのポイントを受け取っていましたが、それだと手間がかかってしまいますし、チャージできる金額の上限がありますから、2回に分けて支払ったりと正直面倒でした。クレジットで直接払えるようになったのでこの手間もなくなり便利です。

セゾンカードでポイントを貯めています

通信販売やネットスーパーでの買い物や携帯電話や公共料金の支払いをするときは、セゾンカードを使っています。オンラインでの申し込みなら印鑑や身分証明書が不要で最短で即日発行ができます。年会費無料でポイントは永久不滅です。ポイントは1000円の買い物につき1ポイントが付きますが、永久不滅.comを経由して買い物をするとポイントが最大30倍に増えるのが魅力的です。登録をすれば家族でポイントを合算することもできます。他にもゲームやアンケート、レシートなどでもポイントを貯めることができます。貯まったポイントは1ポイントが約5円ほどの価値になり、Amazonギフト券やUCギフト券、JALのマイル、ビールなどの物品に交換できます。

クレジットカードも日々進化している

以前から持っていたクレジットカードがあり、それは鉄道系のカードでした。定期券を使っていた際に作ったもので、ポイント付与のお得感を感じて作りました。毎月支払う定期券代でポイントがお得に溜まると分かれば、欲しくなるクレジットカードですよね。さらにその周辺にある系列のお店でのポイントカードとしても使えるため、利用度が多いと感じて迷わず作りました。しかし最近、さらにそのカードが進化して登場し、切り替えをお勧めする案内が届きました。そのカード自体が定期のように使え、オートチャージもなされ、クレジットカード会社との提携型カードとなっています。私は以前作成した際に提携型でないものを選んでいたため、多少の不便を感じたこともありました。他のクレジットカードを既に持っていたのでそのような選択をしましたが、今回は新バージョンのオールマイティに使えるものに変更しようかと考えています。

クレジットカードはネット時代の必須ツール

クレジットカードを利用するケースはインターネットの登場により激増しています。これまではレストランや高価な買い物の際にしか利用しないという方も珍しくは無かったので、クレジットカードを持っていなくてもさほど不便は無かったのですが、今ではネットショッピングはもちろんビデオオンデマンドなど様々なサービスがクレジットカードを前提に決済が行われています。そのため、クレジットカードを持っていないということはこうしたインターネット時代の様々なサービスが極端に利用しにくくなるということになりますが、電子書籍や音楽配信サービスなど便利なサービスをトコトン利用するために、ぜひネット時代の必須ツールとなるクレジットカードを活用して下さい。